交通事故に遭った状況で自分が被害者であるにもかかわらず先方が責任をちっとも受諾しないという事例はたくさん存在します。例として、故意に起こしたかったのではなく注意が足りなくて相手の自動車を追突された状況などに、こうした争いにうつってしまう可能性があります。そうであっても、現場で自動車だけの交通事故対応されて、数ヵ月後に体の痛みが現れた時に、かかった病院の医師に作成してもらった診断書警察に出すというのは対応が遅くなる感じは仕方がなくなります。そうであるならば車の事故の過失割合は何らかの目安が決められているのでしょうか。正確に申しますと、警察署が認定するのは、主に自動車での事故の責任が認識されるのはどちらの車かという責任の有無であり過失の割合がどうなのかということではありません。さらに、最終的に決められた過失が認められた人が警察署から教えられる事は場面はないです。過失の割合は事故に関わった人たちの話し合いの結果により決められたこの結果が損害賠償の算定のベースとなります。この場合に、関係者全員が車の任意保険に未加入の時は両方がダイレクトに交渉を余儀なくされます。しかし、当たり前ですがこういう方法では、感情的な押し問答になる場面が多くなります。さらに、主張に相違があれば万が一の場合、裁判での争いに突入しますが、それは多くの時間とコストかなり大きなマイナスを避ける事ができません。ですから一般的には事故に関わってしまったそれぞれの当事者についている保険会社、こういった両方の自動車の保険屋さんに話し合いを任せる方法で、適切な過失割合を落ち着いて決定させます。そういった場合、自動車保険の会社は、それ以前の自動車での事故の事例の裁定から出された判断材料、判例タイムズなどを土台として、推測と交渉を交えて「過失割合」を決定します。と言っても、車での事故においては遭遇したのか巻き込んでしまったのかの如何を問わずとりあえず警察を呼ぶのが絶対です。その後で保険屋さんに電話をして、今後の対応を一任するのが順序となります。そのやり方さえ把握しておけば、お互いの無意味な水掛け論となる事を未然に防止できるに違いないのです。

Copyright © 2002 www.otakult.com All Rights Reserved.